東洋リントフリー株式会社 クリーンウェアをベースにクリーンルーム作業環境の清浄化に取り組みます
サイトマップ お問い合わせ
リントフリーの特長

TOP >> リントフリーの特長<快適性・着心地の追求>
CONTENTS MENU
防塵服とは?
機能と性能の追求
快適性・着心地の追求
リサイクルシステム
カタログ請求
クリーンウェアを掲載したカタログPDFファイルをご提供しています。
カタログダウンロード >>
Tri-Apexの特長 快適性、着心地、動きやすさの追求

Comfortable 快適性、着心地、作業を妨げない動きやすさの追求。

クリーンルーム用衣服は、「防塵性」「制電性」などの性能に注目が集まりますが、人が着用して作業する以上、肌触りやムレ感、動作性など「快適さ」への配慮も必要です。「TriApex」は、衣服としての快適性を高める様々なアイデアや技術を開発し、採用。防塵性と快適性を高い次元でバランスし、着用しての作業がより快適になる製品を追求しています。

快適性、着心地の追求

快適な衣服内湿度
一般的に快適な衣服内湿度は40〜60%の範囲と言われています。クリーンルーム用衣服着用時の衣服内湿度がどう変化するか、どうしたら快適湿度範囲を維持できるかを分析し、独自の発想で快適な衣服設計を進めています。

衣服内の熱のこもりを防止
衣服内にこもりがちな熱をどうすれば解消できるか?衣服表面の温度を調べ、適切な部位に最適な素材を使用して、“着用快適防塵服”を開発しました。クリーンルーム用衣服の絶対条件である“防塵性”を維持しつつ、対象の清浄度クラスでの使用を実現しました。

■サーモグラフィーにより検出した着用動作後の温度分布

動きやすさの追求

動きやすい衣服設計
クリーンルーム用衣服の主流となっている“ツナギ型衣服” 、動作時に体表面の伸びに衣服が追従できず、頸部や肩の突っ張り感、袖口がまくれるといった現象が発生します。着用者の動作の妨げとなったり、場合によっては発塵を引き起こすなど、動作時のデメリットはツナギ型防塵服が解決すべき課題です。トライアペックスの防塵服はこれらを解消し、体のダイナミックな動きにも衣服が追従して、動作時でも快適な着用感が得られるよう衣服設計を行っています。

■体長の伸長値

■高伸縮ストレッチ素材

ツナギ服背面部の要所に採用した高伸縮ストレッチ素材は、着用者の動作性を高めるとともに、ポンピング現象のあおりによる発塵をも抑制するよう設計しています。


サイトマップ | 個人情報保護方針